Read More
question

Have A Question?

カプセル剤カラーアナライザー - 薬の測色

色は薬の最も基本的な個性であり、感性訴求を生み出し、機能を伝え、それぞれのブランド効果と差異を表現する能力を持ち合わせています。今日、ゲルカプセル剤には8万以上の色の組み合わせがあり、継続的な技術進歩により、日々新しいカラーコーティングの製品が市場に送り出されています。HunterLabは、製薬市場の錠剤、カプレット剤、カプセル剤などの正確な測色ニーズを理解し、60年以上、製薬産業に測色ソリューションを提供してきました。世界のトップ製薬会社はサプライチェーン全体で顧客が期待する品質と一貫性を確保するHunterLabのソリューションを信頼しています。

見積もり請求 カプセル剤カラーアナライザー  -  薬の測色
  • overview image

    錠剤、カプセル剤、カプレット剤には不透明なものから半透明、あるいは透明なものまで存在し、多様な形状、サイズ、色が存在します。正確な測色には適切な計測装置だけではなく、正確で一貫性のある方法でサンプルを固定するサンプルホルダーも必要です。HunterLabは特殊な用途にもカスタマイズできる多種多様なサンプルホルダーをご用意いたしました。サンプルタイプに基づいて適切な計測装置タイプをご選択ください。

    不透明なサンプル は光を透過しません。最も適切な測定方法は45/0° の反射率計測装置を使用する方法です。これは人間の目が認識する色の状態に最も近い幾何学条件です。

    半透明なサンプル は光を拡散状態で透過します。このため反対側にある物体は明確に見えません。サンプルの半透明度によって、反射または透過測定モードを使用します。原則として

    • エンドユーザーがサンプルを見る光路長において、プラークを通して親指の大体の詳細が見える時、 透過測定が望ましい測定方法です。
    • 詳細が見えない場合、反射測定が望ましい測定方法です。

    光路長は光がサンプルに入射し、出射するサンプルと厚さと定義されます。

    透明なサンプル はほとんど全く中断することなく光を透過するため、反対側の物体は明確に見えます。これらのサンプルは透過式の計測装置のみにより測定できます。