Read More
question

Have A Question?

ガラスの測色 - ガラス分光測色計

ガラスはその美しさと実用性のために建築の構造または設計要素として限りない可能性を秘めています。建築資材としてのガラスは内部と外部空間を結合し、自然の光を内部の照明として利用し、想像力を刺激することで優美で審美的な建設を創り出します。HunterLabはガラス産業における経験が長く、カーディナル、ガーディアン、PPG、ピルキングトン、その他の建設用ガラス製造会社に製品とサービスを提供し続けています。



 

見積もり請求 ガラスの測色 - ガラス分光測色計
  • overview image

    建設用ガラスカラーの管理は設計者の創造的・芸術的意図を正しく表現し、誤った色のガラスパネルの取替えコストを削減するために非常に重要です。

    ガラスの測色は二つの方法で行われます。単純な透過色の測定は内部から見たガラスの色を評価し、塗装側の反射率測定は外部から見たガラスの色を評価します。反射色の結果はARやその他の塗膜の厚さを測定します。

  • HunterLabの分光測色計の多くは汎用性が高く、ほとんどの測色に利用できますが、当社の60年以上の経験と顧客ニーズに関する深い知識、製品の使用体験から、次の産業用途には以下の製品をお薦めします。

    どの装置タイプがお客様のサンプルに合うか分りませんか。HunterLabテクニカルサポートにお問い合わせください。喜んで適切な製品の選択をお手伝いさせて頂きます。