Read More
question

Have A Question?

スナック食品のカラーアナライザー - スナックの色測定

現在、忙しい消費者の食生活は従来の1日3食から数回、多ければ8~9回の軽食に変わりつつあります。さらにヘルシーなスナック食品の売り上げが不健康な食品を4対1の割合で上回りつつあります。便利で栄養素の高いスナックや軽食の需要が高まるにつれ、消費者の食品購入の決定打となる色はさらに重要性を増しつつあります。HunterLabソリューションはペプシコ、ケロッグス、フリトーレイ、キブラーなどの世界のトップスナック食品会社の色品質管理を支援しています。



見積もり請求 スナック食品のカラーアナライザー - スナックの色測定
  • overview image

    スナック食品にはポテトチップス、ローストナッツ、クラッカー、キャンディーなどさまざまなタイプがあり、味も甘いものから酸っぱいもの、苦みがあるもの、塩味、食欲をそそるものから金属的、刺激的など多様な味があります。測色テクニックも粗く、不均一で不規則な形状を含むスナック食品のタイプにより変わります。

     

    ほとんどのスナック食品は不透明であるため、45°/0°方向反射率測定器による測定が最適です。これは人間の目が認識する色の状態に最も近い測定モードと幾何学条件です。またスナック食品は通常、シャーレやボウルなどのサンプルホルダーに入れられるため、広い測定範囲を持つ計測装置が必要です。

  • HunterLabの分光測色計の多くは汎用性が高く、ほとんどの測色に利用できますが、当社の60年以上の経験とお客様の使用体験から、次の産業用途には以下の製品をお薦めします。

    どの装置タイプがお客様のサンプルに合うか分りませんか。HunterLabテクニカルサポートにお問い合わせください。喜んで適切な製品の選択をお手伝いさせて頂きます。