Read More
question

Have A Question?

トマト分光測色計-トマトの色測定

トマトは特別な栽培方法、収穫、加工、消費要件に従って生育・選択され、これらの条件により味、質感、その他の性質が変わります。トマトの色は重要な測定パラメーターであり、品質および味に密接に関係しています。米農務省(USDA)は世界中の加工されたトマト製品を等級する色指数を使用しています。HunterLabはトマトの色評価用の計測装置としてUSDA(米農務省)に承認された最初の会社です。またカリフォルニア大学デイビス校はHunterLabの計測装置を使用してトマトの測色標準を評価しています。この標準は他の計測装置の測定に対する基準値としても使用されています。弊社の顧客の一部にはヘインズ、カーギル、コンアグラフーズ、キャンベルズ、パシフィックコーストプロデューサー、カゴメ、インゴマーパッキング、デルモンテなどの有名食品会社があります。

見積もり請求 トマト分光測色計-トマトの色測定
  • overview image

     

    厳格な色管理が必要なトマト製品にトマトペースト、ピューレ、ソース、ケチャップ、ジュースなどがあります。これらの商品の色を測定するには、デイビス校のマスタースタンダードを基準とする米国の製品等級やUSDAに推奨されたトマト製品の測色要件を満足する計測装置を選ぶことが重要です。

     

  • HunterLabの分光測色計の多くは汎用性が高く、ほとんどの測色に利用できますが、当社の60年以上の経験と顧客ニーズに関する深い知識、製品の使用体験から、次の産業用途には以下の製品をお薦めします。

    どの装置タイプがお客様のサンプルに合うか分りませんか。HunterLabテクニカルサポートにお問い合わせください。喜んで適切な製品の選択をお手伝いさせて頂きます。