Read More
question

Have A Question?

プラスチック製プラークカラーアナライザー - プラスチック製プラークの測色

ASTM標準によると、プラスチック製プラークは測色の目的で圧縮成形により試験試料を作成する熱可塑性材料であり、プラスチック製造会社のカラーパレットと比較する製品サンプルとしても使用されます。世界の主なプラスチック製造会社は60年以上、サプライチェーン全体で製品の色の一貫性を確保するHunterLabの知識と専門性を信頼しています。

見積もり請求 プラスチック製プラークカラーアナライザー  -  プラスチック製プラークの測色
  • overview image

    ロット間または製品間の色の一貫性は多くのプラスチック製品にとって重要な品質指標のひとつです。測色用にプラークをプレスするプロセスはプラスチック製造過程では頻繁に行われることであり、ASTMガイドラインの最良実施例として定義されています。プラスチック製プラークは不透明なものから透明なもの、あるいは半透明なものまであり、それぞれのサンプルタイプに別個の測定方法があります。

    不透明なプラーク は光を透過しません。最も適切な測定方法は45/0° の反射率計測装置、またはd/8°拡散反射率計測装置を使用する方法です。

    • 不透明なプラークを測定し視覚を数値化する場合、45/0° の反射率計測装置が適切です。これはヒトの目が色を見る状態に最も近い幾何学条件です。
    • 不透明なプラークを測定する際、サンプルのつやと質感を考慮せず色だけを評価する場合、d/8°拡散反射率計測装置による測定が適切です。

      半透明なプラーク は光を拡散状態で透過します。このため反対側にある物体は明確に見えません。サンプルの半透明度によって、反射または透過測定モードを使用します。原則として

      • エンドユーザーがサンプルを見る光路長において、プラークを通して親指の大体の詳細が見える時、 透過測定が望ましい測定方法です。
      • 詳細が見えない場合、反射測定が望ましい測定方法です。

      光路長は光がサンプルに入射し、出射するサンプルと厚さと定義されます。

      透明なプラーク はほとんど全く中断することなく光を透過するため、反対側の物体は明確に見えます。これらのプラークは透過式の計測装置のみにより測定できます。

      またCIE L*a*b*色空間、白色度、黄色度、ヘイズ等の基準や指数は特定の幾何学条件や測定モードを必要とします。特定の用途に適切な計測装置の選択には、以下のチャートを参照してください。HunterLab Solutions Chart

  • HunterLabの分光測色計の多くは汎用性が高く、ほとんどの測色に利用できますが、当社の60年以上の経験と顧客ニーズに関する深い知識、製品の使用体験から、次の産業用途には以下の製品をお薦めします。

     

    どの装置タイプがお客様のサンプルに合うか分りませんか。HunterLabテクニカルサポートにお問い合わせください。喜んで適切な製品の選択をお手伝いさせて頂きます。