Read More

プラスチック製造

プラスチック製造用のカラープロセスオートメーションテクノロジー(cPAT)は、特にプラスチック製造会社のニーズを満たすために開発されました。ライン内に完全統合されるオンライン測色と色管理ソリューションです。cPATの最良実施例にはシートプラスチック、窓用形材、ビニルサイディング、その他のカスタム形材や樹脂配合などがあり、生産効率の改善、品質保証、コスト全体の削減にオートマチックなソリューションを提供します。

見積もり請求 プラスチック製造
  • プラスチック製造用のcPAT は色品質管理プロセスを時間間隔に基づく測色や手動の調整からリアルタイムのカラーモニタリング、閉ループの自動色管理、自動不良検出への移行を実現します。以下はcPATを使用する利点です:

    • 運用コストの削減
    • 工程歩留りの改善
    • 素材削減によるコスト軽減
    • 作業者の効率改善
    • グリーン・イニシアティブおよび二酸化炭素排出量削減の改善
    • 顧客満足度の向上
    • 株主・ステークホルダーの価値改善
    • ライン内におけるリアルタイム測色とモニタリング
    • 簡単に設定できるユーザーフレンドリーなカラーコントロール・ソフトウェアとタッチスクリーンPLC
    • 自動閉ループカラーコントロール
    • 下流工程での不良検出用アウトプット
    • <
    • Historic data logging and storage for retrieval via USB or remotely on a network by FTP
    • Process variables charted in real-time with 100 scans of data storage for on screen viewing
    • Calibration reminders automatically displayed based on number of scans and time since last calibration
  • 本製品にはアクセサリーはありません。

  • All fields marked with an (*) are required.

    General Info

    Industry*

    Add An Accessory?

    How did you hear about us?

    Address

    Comments or Questions