Read More
question

Have A Question?

メガネレンズの測色 - メガネレンズ分光測色計

過去には、メガネは時代遅れとみなされ、ネガティブな印象を与えることもありました。現在、メガネは近視、遠視、乱視、老視などの視覚障害を修正するだけではなく、ファッションの一部とみなされ、個人の個性の主要な構成部分と考えられるようになりました。メガネレンズ生産の重要な側面の1つとして測色があります。レンズと原材料製造会社は60年以上、サプライチェーン全体で原材料と製品の品質と一貫性を確保するHunterLabの知識と専門性を信頼しています。

見積もり請求 メガネレンズの測色  -  メガネレンズ分光測色計
  • overview image

    プラスチックレンズは相対的な安全性、低コスト、生産のしやすさ、優れた光学品質のため、現在最も多く処方されるレンズです。測色は素材の液体ポリマーの受入検査から度つきサングラスの偏光子に使用されるフィルムや反射防止コーティング、そして最終製品までメガネレンズとブランクの製造プロセスで頻繁に行われています。測色はまた耐候性・性能試験やロット間の色合い検査に使用されています。

  • HunterLabの分光測色計の多くは汎用性が高く、ほとんどの測色に利用できますが、当社の60年以上の経験と顧客ニーズに関する深い知識、製品の使用体験から、次の産業用途には以下の製品をお薦めします。

     

    どの装置タイプがお客様のサンプルに合うか分りませんか。HunterLabテクニカルサポートにお問い合わせください。喜んで適切な製品の選択をお手伝いさせて頂きます。