Read More
question

Have A Question?

固形フルーツの測色 - フレッシュフルーツカラーアナライザー

鮮明な色、繊細な形、多様な味を持つフルーツは自然のデザートです。人間が原始時代からフルーツを食べ続けるのも不思議ではありません。世界のトップのフルーツ生産者とフルーツ加工業者はフルーツの色が熟し加減や味の知覚に重要な役割を果たすことを知っています。これがスマッカーズ、ペプシコ、クラフト、コンアグラフーズ、チキータなどの会社が60年以上、製品の測色ソリューションとして、HunterLabの知識と経験を信頼する理由です。

 

見積もり請求 固形フルーツの測色 - フレッシュフルーツカラーアナライザー
  • overview image

    リンゴ、オレンジ、トマトなどのフルーツは通常、天然および/またはドライフルーツの形態で測定されます。この形態のフルーツは主に味に関連する熟し加減や成熟度を評価するために測定されます。固形フルーツの適切な測定方法は45°/0°反射率計測装置を使用することです。これはヒトの目が「見る」状態に最も近い幾何学条件です。

  • HunterLabの分光測色計の多くは汎用性が高く、ほとんどの測色に利用できますが、当社の60年以上の経験と顧客ニーズに関する深い知識、製品の使用体験から、次の産業用途には以下の製品をお薦めします。

    どの装置タイプがお客様のサンプルに合うか分りませんか。HunterLabテクニカルサポートにお問い合わせください。喜んで適切な製品の選択をお手伝いさせて頂きます。