Read More
question

Have A Question?

粉末薬品とプレスプラーク

薬品の原末および分包散剤は配合等のプロセスを通してカプセル剤、ゲルカプセル剤、丸薬、可溶性粉末に製造され、さまざまな薬品タイプの開発に使用されています。リン酸コデインから臭化水素酸ヒオスシンの測色まで、HunterLabは60年以上、製薬産業に測色ソリューションを提供してきました。世界のトップ製薬会社はサプライチェーン全体で原材料と製品の品質と一貫性を確保するHunterLabのソリューションを信頼しています。

見積もり請求 粉末薬品とプレスプラーク

ソルビトール、微結晶性セルロース、無水リン酸水素カルシウムなどの粉末薬品の色はロット間の一貫性を確認するために、受入検査で頻繁に測定されます。粉末の測定方法には45°/0°方向反射率幾何学条件を使用します。この幾何学条件はヒトの目が「見る」色を測定するため、エンドユーザーが見る不透明な素材の色の測色方法として最適です。

原末

原末

最終加工前のバラ状態で測色。

もっと見ます
圧粉体薬剤

圧粉体薬剤

最終的にはカプセル剤、カプレット剤、クリーム、その他の薬品に加工されます。

もっと見ます