Read More
question

Have A Question?

薬品測色計-ラボ用の分光測色計

今日の製薬市場は古代エジプトで初めて作られた丸薬、薬成分を粘土またはパンと混ぜて作った小さなボールから大きな変遷を遂げました。今日のゲルカプセル剤には8万以上の色の組み合わせがあり、技術の進歩とともにさらに多くの新しい色の製品が市場に送り出されています。私たちの感情に訴え、機能や効能を伝え、他のブランドと差異を作る色は薬品の最も基本的な性質ともいえます。

見積もり請求 薬品測色計-ラボ用の分光測色計

あらゆる課題に対応

色は消費者による薬品の識別、審美的な効果、味覚や嗅覚に対する関連性、薬の効能の先入観に関係する色温度など、薬品の成功にますます重要な役割を果たしつつあります。また独特な色は消費者に共鳴するブランドイメージと存在感を作りあげ、競争上の差異を生み出します。

HunterLab は正確なカラーコントロールや色品質評価を必要とする製薬会社の課題をよく理解しています。HunterLabはポータブルモデル、デスクトップモデル、生産ライン対応の色彩計、分光測色計など、多様なニーズや予算に合う広範な測色ソリューションをお届けしています。液体から粉末、錠剤からカプセル剤を含むあらゆる薬品の色を測定します。

業界をリードする革新と経験

HunderLabは60年以上にわたる経験からお客様の測色ニーズを満たし、世界の各拠点から世界中のお客様をサポートいたします。業界最大級の完全エンドツーエンドソリューションはあらゆるタイプの色彩計、ソフトウェア、サポートサービス、研修と教育、数十年の用途に関する知識などのリソースを1パッケージに統合しました。

製品の定量測定に対する視覚的な測色方法の価値についての詳しい情報は、このウェビナーをご覧ください

 

カプセル剤カラーアナライザー  -  薬の測色

カプセル剤カラーアナライザー - 薬の測色

錠剤、カプセル剤、カプレット剤。

もっと見ます
粉末薬品とプレスプラーク

粉末薬品とプレスプラーク

ロット間の一貫性を確保。

もっと見ます