Read More
question

Have A Question?

食肉の測色 ‐ 食肉分光測色計

食肉の色は消費者が食料品店や肉屋で肉の鮮度と品質を判別する主な要因の一つです。消費者は新鮮な赤色の牛肉、子牛肉、羊肉製品を求めています。米農務省(USDA)は、「生の鳥肉は青白い色から黄色まであり…これは品種、運動、年齢、および・または摂食の直接的な結果である。」と語っています。色が少しでも期待から「外れる」と、消費者は肉を購入しません。

食肉製品が消費者に届けられる前に、食肉と鳥肉加工業者は色を加工のモニターに使用し、肉の品質と鮮度を確認します。色の測定は赤肉の主な品質構成要素である霜降り量を決定するためにも使用されます。HunterLabは食肉加工業者と包装業者が製品の色をモニターし、消費者の期待を満たす高品質を達成するために専門的な支援を行っています。

見積もり請求 食肉の測色 ‐ 食肉分光測色計
  • overview image

    HunterLabの革新的な製品は食品の色を評価する計測装置として米農務省の初の承認を受け、コンアグラフーズ、スミスフィールドフーズ、ボアスヘッドなどの主な食品加工業者や包装業者に使用されています。弊社のMiniScan EZ とその他の分光測色計は世界中の大学の研究施設、米農務省、カナダ農務省で使用されています。

    食肉の測色は加工および包装中の肉の鮮度や品質を評価する標準化された測定方法を提供します。また品質のインジケーターとして、牛肉や羊肉の霜降りの測定も行います。コールドカット、ソーセージ、生、冷凍肉などさまざまな肉製品が存在するため、承認される色には幅広いバリエーションがあります。さらに測色は研究開発や規制機関による鮮度と加工方法の検査にも使用されます。最も人気のある計測装置はポータブルで精度が高く、使用が簡単なMiniScan EZ 45/0 LAVです。

  • HunterLabの分光測色計の多くは汎用性が高く、ほとんどの測色に利用できますが、当社の60年以上の経験と顧客ニーズに関する深い知識、製品の使用体験から、次の産業用途には以下の製品をお薦めします。

    どの装置タイプがお客様のサンプルに合うか分りませんか。HunterLabテクニカルサポートにお問い合わせください。喜んで適切な製品の選択をお手伝いさせて頂きます。