Read More
question

Have A Question?

飲料カラーアナライザー - 飲料の測色

飲み物または「飲料」は炭酸飲料、フルーツ・野菜ジュース、ミルク、コーヒー、紅茶、ココア、アルコール飲料を含む幅広い消費可能な液体グループを構成します。飲料は人間社会の重要な文化の一部です。主要な飲料ブランド会社は色の魅力や一貫性が消費者の購入に大きな影響を及ぼすことを知っています。コカ・コーラ、ペプシコ、ユニリバー、リプトンなど世界のトップ飲料会社は飲料市場に測色ソリューションを60年以上提供し続けてきたHunterLabの知識と経験に厚い信頼を寄せています。



見積もり請求 飲料カラーアナライザー - 飲料の測色

飲料には炭酸飲料、フルーツ・野菜ジュース、ミルク、コーヒー、紅茶、ココア、アルコール飲料など不透明から透明、半透明のものがあり、測色にはそれぞれ異なる計測装置やテクニックが必要です。

不透明な液体 は通常高い固形分を有し、光を貫通しません。またブリックス値が高いという性質があります。このタイプのサンプルは人間の目が「見る」色の幾何学条件に最も近い、45°/0°方向反射率計測装置による測定が最適です。

半透明な液体は低めのブリックス値と中程度の固形分を含み、光を「拡散状態」でのみ透過させるため、反対側の物体は明瞭に見えません。サンプルの透明度により、反射または透過測定モードが適しています。原則として、

  • 光路長でサンプルを見る時、液体を通して親指または他の指の詳細が少し見える場合、透過測定方法が適しています。

>詳細が全く見えない場合、45°/0°方向を使用する反射測定方法が適していますが、拡散照明を使用するd/8° 積分球幾何学条件も使用可能です。

光路長とは光がサンプルに入射し、出射するサンプルの厚さと定義されます。透明度を計る簡単なテストに液体をサンプルの厚さに似た透明の容器に入れ、容器の裏側に親指を当ててサンプルを通して見る方法があります。

透明な液体は固体分が非常に低いかゼロで、光を妨害したり歪ませずに透過させるため、反対側の物体が明瞭に見えます。これらの液体は透過式測色計のみにより測定できます。